カテゴリー別アーカイブ: M&A裏話

会社を譲渡した社長との会食

昨日、会社を譲渡して2年になる社長と食事をしました。

その方は若くして起業しました。
『親分肌』と『非常に細かい計数管理』の両面を持つ文武両道の経営者であり、その特色を活かしてすばらしい会社に育て上げました。
そして、その方には夢があり、第2の人生をスタートさせるためにまだ若くして会社を譲渡しました。

引継ぎを終え、第2の人生をスタートさせるためにこれまで1年ほど休息時間を取られ、今までやれなかったことを思いっきりしているそうです。
時間とお金があるので、何でも出来ます。

続きを読む

秘密保持(秘密漏洩が起こるパターン1)

M&Aは秘密保持に始まって、秘密保持に終わる!』と言うぐらいM&Aにおいては秘密保持は重要です。

中堅・中小企業のM&Aでは、特に譲渡企業の存続に係ってくる問題です。
ですが、意外と譲渡企業から漏れるケースが多いのです。

買い手企業に関しては、我々は非常に厳しい注意を行ないます。『もし貴社から秘密が漏れたら、道義的・経済的責任を取っていただかなければなりません』と申し上げるとともに、買い手企業と秘密保持契約を締結します。さらに検討メンバーを限定していただき、そのメンバーの個人のサインまで頂くこともあります。

続きを読む

中小企業M&Aで最も気を遣うこと(01)

社員へのディスクローズ(発表)

M&Aを実行した後になってから当社に、「M&Aが上手くいかなかったので困っている」という相談をうけることがあります。
その中でよくあるケースが「社員へのディスクローズの失敗」によるものです。
私は経験上、「社員への発表」は最も重要なことだと考えています。

続きを読む

あけまして、おめでとうございます!

今年から、ブログを開くことにいたしました。
よろしくお願いいたします。

最初に簡単な自己紹介を…。

私は、株式会社日本M&Aセンターの代表取締役社長をしている三宅です。
会社は、中堅・中小企業のM&Aの仲介の仕事をしています。

M&Aは、新聞でよく見られると思いますが、実際に経験したことのある方はごく少数です。それは、秘密裏に事を運ばなければならず、係れる方が非常に少ないからです。
新聞では、成功した事例がニュースとして紹介されますが、実はそこに至るまでには「すばらしい経営戦略」、「人間模様やドラマ」、「失敗」などが一杯あります。これらはニュースとしては紹介されません。

そこで、M&Aに係る企業戦略、ドラマ、上手く行かなかったこと、注意事項、などを出来るだけいろんな角度から気ままに紹介できたらと言うことでブログを始めます。

今後ともよろしくお願いいたします!!